本文へ移動
英語100%の環境で、和の心を大切に、子どもの夢と自信を育む学び舎。
Suku Sukuが選ばれる理由
SukuSukuが選ばれる理由
Point 01
濃密なオールイングリッシュの環境で
将来にわたって役立つ英語力を育む。
名古屋市緑区のプリスクール「SukuSuku English Preschool 浦里」では、ネイティブ英語講師たちがお出迎え
名古屋市緑区のプリスクール 「SukuSuku English Preschool 浦里」では、アメリカ人のネイティブ英語講師とバイリンガルの保育士のもと、100%英語の空間でお子様たちに生活していただきます。
 
1学年14名の少人数クラスで、きめ細かく手厚い教育が受けられるので安心です。
 
英語を「勉強する」のではなく、英語で生活し英語で遊びながら基礎力を付けていくので、楽しみながら習得できます。
チェック!英語力が自然に身につく理由。
ネイティブ英語に4年間で4000時間以上
だから英語力が自然と身に付くんです!
「SukuSuku English Preschool 浦里」は、1日5時間(延長保育を除く)・年間215日開園しています。そのため、お子様たちは1年間で合計1075時間、英語に身近に触れることになります。
 
通常の小学校(現在は5年生から英語教育が開始)・中学校・高校での8年間における英語の授業時間は合計しても1000時間以下であり、そのなかでALTなどのネイティブ英語に触れる時間はごくわずかです。
 
当園で4年間を過ごすと合計4000時間(小・中・高の4倍)以上もネイティブ英語に触れることになりますので、異文化交流や国際社会の場で活躍できる英語力が自然と身に付きます。
Point 02
全クラス バイリンガル保育士とネイティブ講師の2人体制
広がるコミュニケーション能力。
ちまたにはさまざまな幼児向け英語教育施設や教室、プリスクールがありますが、その多くは英語の学習に特化したもので、しつけやマナーといった道徳的な教育や感受性の育成を重視していません。しかし、これからの社会を子どもたちが生きるうえでは、単に英語力を高めるだけでは不十分であると当園は考えています。
 
野村総合研究所の調査によれば、今後10年~20年後には現在の仕事の49%がAIに置き換えられるとのことです。今後のAI社会のなかを生きる子どもたちには、機械では真似できないコミュニケーション能力と豊かな感受性の育成が必須です。
 
「SukuSuku English Preschool 浦里」では、5歳児クラスまでバイリンガル日本人保育士と経験豊富なネイティブ講師の2人体制でのクラスを整えており、英語力だけではなく、思いやりの心や情緒を育む教育に注力しています。音楽や運動といったさまざまな体験を通して積極性や柔軟性を育て、一人一人の個性を大切にしながら「将来の可能性」という宝物を育てます。
Point 03
和の心を大切にはぐくみ、
思いやりや礼儀、マナーの基礎を養う。
国際社会でさまざまな国の人々と交流するなかで、実は重要になってくるのが日本文化や日本の価値観への深い理解です。
 
英語を習得したあとには、「英語で何を伝えるか?」が異文化交流では最大のテーマとなります。 「日本ってどんな国なの?」ときかれた際に自信をもって自分の国のことを答えられなければ、海外の人々から共感やリスペクトを得ることは困難です。
 
「SukuSuku English Preschool 浦里」では、「あいさつを先にする」「呼ばれたら必ず『ハイ』とはっきり返事をする」「靴を脱いだら必ずそろえ、席を立ったら必ずイスを入れる」など、基本的なマナーから思いやり、集団行動の大切さに至るまで、日本人としての礼儀の基礎を養い、お子様たちの和の心を育てます。
Point 04
木や土のぬくもりに触れられる
広々とした園舎
当園では、木のぬくもりを感じられる木造コテージ風の園舎と、約300坪の広々とした敷地でお子様たちに毎日を過ごしていただきます。

外国人スタッフやお友だちといっしょにかくれんぼや鬼ごっこを楽しみながら、土の上を裸足で駆け回れる環境なので、のびのびと心身が成長します。
 
幼児期は語学力だけでなく、運動能力を高めるうえでも大切な時期です。 「SukuSuku English Preschool 浦里」は、教育先進国であるスウェーデンから取り寄せた大型遊具を設置するなど、楽しみながら体を動かせる環境を整えています。
SukuSukuは食育を重視し、ランチやおやつは園内で手作りです。
SukuSukuは食育を重視し、ランチやおやつは毎日園内で手作りです。
名古屋市緑区のプリスクール「SukuSuku English Preschool 浦里」では、食育を重視し、ランチやおやつは園内で手作りです
幼児期において心身の成長の根幹を支えているのは食事です。
そのため、当園では専属の管理栄養士が作成したメニューを園内の厨房で
毎日調理し、あたたかいランチをお子様たちに提供できるようにしています。
栄養バランスがとれた美味しい食事はお子様たちにも大好評。 米粉を使ったおやつを用意するなど、アレルギー対策にも細心の注意を払っています。
提携している農園で自然と触れ合える!
提携している農園で自然と触れ合える!
名古屋市緑区のプリスクール「SukuSuku English Preschool 浦里」では、提携している農園で自然と触れ合えます
「SukuSuku English Preschool 浦里」は 郊外田園クラブ 下田ビレッジと提携としております。 お子様たちが自然のなかで土と触れ合い、育った野菜を実際に給食で食べることで、食べ物を大切にする心が身に付きます。
農園で自然と触れ合います。
最大7:30~19:30まで隣接する企業主導型保育施設との併用で
預かり保育が出来るので、共働きの保護者の方でも安心です。
 
「SukuSuku English Preschool 浦里」では、8:30~17:30までの
早朝保育・延長保育を実施しております。(早・延長保育は日本人バイリンガルスタッフが担当)

また、隣接する施設「SukuSuku Nursery School 浦里」への預かり保育を
ご利用いただければ、最大7:30~19:30までお子様をお預かりいたします。
そのため、お仕事が忙しい共働きの保護者の方でもとても利用しやすくなっております。

名古屋市緑区で保育園や預かり保育のある幼稚園をお探しの保護者様は、
ぜひ一度ご相談ください。
 
SukuSuku English Preschool 浦里
10年後、20年後に「SukuSukuに入って本当に良かった」と
実感していただける教育を目指して
 
2歳~5歳の幼児期は非常に大事な時期で、この間に身に付けた英語力や豊かな経験、
マナーは、生涯にわたってかけがえのない財産となります。

当園では10年後、20年後にお子様ご自身や保護者様に
「SukuSukuに通って、本当に良かった」と実感していただくことを目指して、日々の教育に取り組んでおります。
 
名古屋市緑区のプリスクール「SukuSuku English Preschool 浦里」では、
『あいさつ』ができて
『身のまわりのお片づけ』ができて
『英語で自分の想い』を伝え
『英語でグループディスカッション』ができて
最後に『逆上がり』ができるようになって卒園となります。
 
当園にご興味をお持ちの方はぜひお気軽に、オープンスクールや無料見学会のご参加にお申込みください。
皆様のご連絡をお待ちしております。
 
お問い合わせ・オープンスクール・相談会の申込み
名古屋市緑区浦里5丁目252番地
TEL.052-623-6780
受付時間 10:00~17:00(平日のみ)