本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

七夕!!!

2021-07-02
SukuSuku English Preschoolでは、子どもたちに日本の文化や伝統を学ぶ機会も作っています。

7月の伝統行事と言えば・・・七夕です!
七夕のお話は、中国古代の民間伝承がもとになっていて、
織姫と彦星は中国風だと織女(しょくじょ)、牽牛(けんぎゅう)と呼ばれています。(※ちなみに・・・韓国やベトナムにも七夕があります。) 

七夕は、天帝(神様)の娘で機織りが上手な働き者の織女と、同じく働き者で牛飼いの牽牛の物語です。天帝がこの二人を引き合わせると二人はひと目で恋に落ち、結婚しました。ところが、結婚すると遊んでばかりで働かなくなるという結果に。怒った天帝は二人を天の川の両岸に引き離しましたが、織女が泣いて悲しんだため、年に1度、七夕の夜にだけ会うことを許すようになりました・・・。

折り紙で作る七夕飾りにはいくつかの種類があり、『七つ飾り』と呼ばれます。それぞれには意味があり、一例ではありますが、
●網飾り→漁業の網から生まれた飾りで、大漁を祈願します。
●巾着→金運の上昇や、貯蓄を願って飾ります。

色とりどりの短冊や、いろんな形の飾りを笹竹に吊す七夕飾り。昔は高ければ高いほど星に願いが届くと考えられ、屋根の上まで高くかかげていたようです。

そして七夕と言えば願い事です。
『五色の短冊』に願い事を書いて飾りますが、五色とは赤➨火(炎)、紫➨水、青➨木(植物)、白➨金(鉱物)、黄➨土(大地)のことで、万物のすべてを構成すると考えられた5つの元素にそれぞれの色を当てはめたものです。

また、伝統的な七夕の食べ物の一つが索餅(さくべい)。小麦粉や餅粉をひねって揚げたお菓子で、唐の時代に日本に伝わりました。今でも奈良県では『麦縄』と呼ばれ、親しまれています。
そして、索餅がだんだんと進化していったものがそうめんです。宮城県仙台市では今も、400年の伝統を持つ『仙台七夕祭り』が行われていて、そうめんが定番です。

各クラスでは、先生たちがこのような七夕の物語や由来など人形劇で子どもたちに分かり易く伝えます。
Seedlingsの子どもたちにとっては初めてのイベント。
先生の人形劇を見た後は、お家で書いてきた願い事をおともだちの前でShow&Tell。しっかり笹の葉に結びました!
Sproutsの子どもたちにとっては2回目となる七夕イベントです。
今回はライティングを学び始めて、初めて自分で英語で願い事を書きました!
想いがつまった個性あふれる素敵な願い事で笹がいっぱいになりました
Vines/Blossomsの子どもたちにとっては恒例の七夕イベントですが、子どもたちみんな先生たちの七夕人形劇にすっかり入り込み、聞き入っていました。

その後は、七夕ゲームで盛り上がりました!
紙コップをそれぞれ織姫と彦星に見立て、2人が無事に天の川で出会えるかどうか、紙コップをスライドさせるゲームなのですが、シンプルなルールなのにやってみると案外難しく、子どもたちも力を入れたり抜いたり、色々と工夫してゲームを楽しんでいました!
Vinesの子どもたちは、カラーペーパーを使ってカラフルな七夕飾りを作成したものに短冊をつけ、願いを込めて笹の葉に結びました。Blossomsの子どもたちは、天の川や織姫・彦星を作成した自分だけのオリジナル七夕ボードに願いを込めました。
新型コロナの影響で行ける場所も限られ、会いたい人にも会えない状況が続いていますが、全ての子どもたちの願いが叶うことを願うばかりです。

もちろんこの日のランチは、お味噌汁の代わりに七夕そうめん汁!七夕一色のSukuSuku English Preschoolでした!

手洗い指導

2021-06-16
SukuSuku English Preschoolには看護師が2名常駐しており、病気や怪我の対応はもとより、子どもたちへの歯磨き指導や手洗い指導、先生たちへのAED研修も徹底しています。

先日、それぞれのクラスで手洗い指導を行いました。
Sprouts・Vines・Blossomsの子どもたちにとっては馴染みのある手洗い指導ですが、
手に付いたばい菌が体に入ってしまったら病気になってしまう可能性があること、手洗いはいつするのが正しいのか?など、今回も手洗いの必要性と大切さを教えてもらった子どもたち。
看護師さんの話を集中して聞いていました。

手のひらや甲だけではなく爪の中や指の間、手首もしっかり洗うように指導された子どもたちはみんな、教えてもらった通り『おねがい→かめさん→バイク→つかまえた』の順番で洗い残しのないよう丁寧に手洗いを実践していました!
Blossomsクラスの子どもたちは手洗い指導の後、慣れた手つきでしっかりと隅々まで手洗いを実践していました。

次回は歯磨き指導です!
義歯モデルを使って分かりやすく、子どもたちが楽しんで実践できるような指導を心掛けたいと思います。

Seedlings(2歳児さんクラス)の園での1日。

2021-06-03
Seedlingsの子どもたちがSukuSuku English Preschoolに入園してから早いもので2ヵ月が経ちました!

子どもたちはクラスや先生、英語での園生活やイングリッシュレッスンにもだんだんと慣れてきて、毎日笑顔で通っています!

どのクラスも先ずはモーニングサークルからです。
Hello, how are you?と子どもたちの元気な声と大きな歌声がクラスルームから聞こえてきます。

モーニングサークルでは歌を歌うことはもちろん、自分の名前が呼ばれたら自分のネームカードを取りに行き、グループごとに分けられたネームボードにネームカードを置いていきます。
その後は天気カードを使って今日の天気をみんなで元気に答えます。

クラスでは主に、歌やリズムに合わせてたくさん体を動かしたり、色付きクリップを使って色を覚えたり、歌に出てくる単語やリズムをてんぽよく楽しく覚えていきます。
また、クレヨンやのりを使ってクラフト制作をしたり、はさみを使う練習もします。

天気の良い日は園庭でお友だちと遊具や砂場で遊ぶのですが、物をシェアしたり、順番に使ったりと子どもたち自ら考えて行動する場面が増えてきました。
時には園庭のプランターにお水をあげて自然に触れ合う機会を作ることで、植物や生き物への興味や関心に繋げ、大切に育てていく心を育てています。
当園では『食育』も大事にしており、ランチは新鮮野菜をたっぷり使ったメニューで、園の調理室で調理しています。ランチ時には、食事のマナーや食べ方、ランチに出てくる野菜などを学び、感謝をしながら美味しく頂きます。




そんな毎日を送るSeedlingsの子どもたちにとって初めてのイベントとなるPajama Partyが5月末にありました!
連帯感や絆を高める目的で毎年恒例開催しているPajama Party。
Pajama Partyには、自分が普段着ているパジャマとお気に入りのアイテムを1つ持ってきて(ぬいぐるみ、ブランケット、まくらなどの中から1つ)お友だちや先生に披露しま
す。

Sprouts・Vines・Blossomsクラスでは、お気に入りのアイテムのエピソードを交えたShow&Tellをみんなの前でするのですが、Seedlingsクラスでは先生が子どもたちのお気に入りのアイテムについて話しかけたり、テントの中で子どもたちはリラックスした時間を過ごしました。
このようなコロナ禍ではありますが、これからも子どもたちが楽しみながら体験できるようなPreschoolならではのイベントを考えていきたいと思います。

サツマイモの苗植えとイチゴ狩り

2021-06-01
SukuSuku English Preschoolでは、食育にも力を入れており、子どもたちが苗植えや芋ほりなど体験出来るよう郊外田園クラブ下田ビレッジさんの一角をお借りしています。

今年も5月に子どもたちが楽しみにしていたサツマイモの苗植えに行ってきました!

苗植え当日は生憎の雨でしたが、子どもたちはレインコートをはおり、長靴を履いて元気いっぱい!
農園までの道中、みんなでゲームをしたり歌を歌ったりしてとても楽しい時間を過ごしました。
農園に到着後も雨はなかなか止まず、思案していたところ、下田ビレッジさんのご厚意で急遽イチゴ狩りをさせていただくことになりました!

ビニールハウスには美味しそうなイチゴがいっぱい!子どもたちは大興奮です。

イチゴが生るまでの過程・・つぼみが付き、花が咲き、おしべの花粉がめしべに付き(受粉→受精)、小さい実がなり、成長し、赤いに実になることや、
つぶつぶまで赤くなると完熟ということ。形の大きいもの・先端が平らになっているものの方が甘くて美味しいことを教えていただき、イチゴについてたくさん知ることが出来ました。

イチゴについて学んだ後は、いよいよイチゴ狩りに挑戦です!
子どもたちみんな、上手に収穫していました。
1粒1粒がとても大きくて、真っ赤に熟したイチゴはとても美味しそう!

子どもたちもその場で何粒かをいただき、満面の笑み。
結局雨が止むことはなかったので、今回は先生が子どもたちに代わって苗植えをしました。

苗の節から伸びた根に芋ができるまでの成長過程はクラスで学ぶのですが、実際に芋を掘る際に畑の土を触ったり、他の植物や虫を観察することで自然や生き物が私たちにとって、とても大切な存在であることを体感してほしいと思います。

サイエンスプロジェクト 

2021-05-07
Blossomsクラスのサイエンスの授業で、『野菜・植物の生きる力』について学びました。

なぜ植物にも私たち人間と同じように水分が必要になるのか? 実験の前にまず『なぜ?』を解説です。
植物の特徴である光合成(CO2と水、太陽の光によって、有機物と酸素と水を作ることができる)や、有機物は植物の大切なエネルギーであり、幹や茎、葉などを構成する原料になること。植物は移動できないため、地中に深く根を伸ばして水分を吸収していることなど、先生が実際に根っこ付きの植物を使って説明します。

その後は、いよいよクラスで実験開始です。
実験には、白菜と園庭に生えていた植物を使用しました。
水を吸い上げる力を見るために今回は色水を使い、どの部分まで水がいきわたるのか、実際に水を吸い上げているのか等、普段なかなか見ることがない植物の【生命力】を観察します。
子どもたちは、色水につけた白菜と植物が本当に水を吸いあげていくのか、そして、どのように吸い上げるのかなど、興味深く観察していました!

その後もどうなっているのかが気になって、ずっと様子を観察していた子どもたち。

これからも子どもたちを惹き付けるような、楽しく学べるプロジェクトをカリキュラムに取り込んでいきたいと思います!

当園にご興味のある保護者様は、以下の電話番号やメールフォームから、ぜひ見学・オープンスクールへお気軽にお申込みください。
 
TEL.052-623-6780
受付時間:10:00~17:00(平日のみ)
株式会社あんじゅ
SukuSuku English Preschool 浦里
〒458-0847
愛知県名古屋市緑区浦里
5丁目252番地
TEL.052-623-6780
FAX.052-623-7789

TOPへ戻る