本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

新プログラム、始動!!

2019-09-09
Hello!
 
季節はずれの猛暑日の続くお天気ですが、台風の動向が気になる週末になりましたね。
 
幸いにもこの地方への直接的な影響はありませんでしたが、関東の方では、被害にあわれた方も多くいたようで、一刻も早い復旧を願っています。
 
さて、今月から、新カリキュラムが始動いたしました!
 
その名も「Let's RUN!」
 
子どもたちの基礎体力を向上するための新プログラムです。
 
現代のこどもたちを取り巻く環境は、わたしたち大人が(ちなみに筆者は昭和生まれです。笑)過ごしてきた幼少期とはがらりと変わっていて、熱中症の危険や、公園や遊び場の減少などで、自由走り回る機会が少なくなっています。
 
文部科学省も、子どもたちの体力の低下は、将来の社会全体にとっても無視できない問題だとしています。
 
この新しいカリキュラムは、基礎体力を向上させることだけでなく、楽しくお友達と走り、走ることが楽しい!と思ってもらえることを目的としています。
 
さらに、あらゆる面でのメリットがあるんです!!
英語学習とどう関係するのかな…と思われるかもしれませんが、体を動かすことで、脳が活性化し、言語学習も進むといわれています。
集中力もつき、基礎体力が向上することにより、姿勢もよくなり、学習へのモチベーション、記憶の保持、健康的な生活リズムなど、全てにおいて様々な良い効果が期待されます。
 
走りこめる環境が少ないと言われている現代の子どもたちに、園で少しでも多く身体を動かす機会を持ってもらえるように。
 
そして、身体を動かすことが楽しい!と感じてもらえるように。
 
これからも職員一同全力でサポートしたいと思います口を広げてにっこりした顔

Summer festival!

2019-09-03
9月に入り、まだまだ残暑は厳しいですが、朝夕は少しずつ秋の風が感じられるようになりましたね。
 
さて、先日8月31日に、SukuSuku English Preschoolで、夏祭りを開催しました!
 
今年のテーマは、ハワイアンでした!
 
子ども達は、少し前からHawaiian musicをかけて、Hawaiiの雰囲気の中で、活動をしていました。
せっかくなのでハワイ語を覚えたり、ハワイの文化についてふれたりと、プリスクールならではの楽しいコンテンツで夏を過ごしたSukuSuku Kids。
 
当日は、ハワイ語のクイズや、歌やダンスなど、まさにハワイ色に染まった園内で、保護者の方と、楽しく過ごしていただきました♪
先生達はもちろんのこと、保護者の中にも、ムームーやアロハシャツを着てくださった方もいて、雰囲気ばっちり!
自分たちで作ったプラ版キーホルダーを、スクスクドルという名前のお金でお買い物ごっこをしたり、レイ作り体験、夏祭りの定番ヨーヨーつりや、かき氷などもあり、盛りだくさんの内容に、子どもたちも大喜び!
大好きなお店屋さんごっこで英語も沢山飛び交っていて、とってもステキな時間になりました。
 
普段はHello!ですが、この日ばかりはAloha!との挨拶に、わくわくした気持ちが溢れ、子どもたち、職員、保護者の方々の心が1つになり、笑顔に溢れたSummer Festivalになりましたきらきら

明日から夏休みです!

2019-08-09
SukuSukuプリスクールは、明日からいよいよ夏休みに入ります!
 
長かった梅雨もあけ、夏もいよいよ本番を迎えていますね。
夏休み中の様々な体験は、子どもたちの心と体を大きく成長させます。
せみを捕まえたり、海で貝殻を拾ったりと、この時季ならではの自然に触れて、楽しい思い出を作ってくださいね。
 
夏の太陽をいっぱい浴びて、たくましく成長した子どもたちにまた会えることを楽しみにしています!
 

Sink&Float

2019-08-01
今日は、サイエンスのクラスの紹介をしたいと思います!
 
SukuSukuでは、机の上で学ぶのではなく、出来る限り自分で感じて、体験から英語を学んでもらいたいと考えていて、サイエンス実験や、身体を動かす活動が多く盛り込まれています。
 
先日、3歳児クラス(Sprouts)で行なわれたサイエンスの実験の様子をご紹介します♪
 
 
この日のテーマは、Sink&Float。
 
子どもたちが、自分で実験してみたいものを選び、それを水に入れてみました。
 
Does it sink?(沈むかな?)
I think it does!(沈むと思う!)
 
そんな会話をしながら、みんなで予想します。
 
一つ一つ自分たちで結果がどうなるかを考えたあとに、やってみて、確認。
 
とっても楽しく実験することができました!
 
 
 
そして終わったあと、実験結果をシートに記入しました。
 
みんなの考えとどう違ったかな?
それはなぜ浮いたり沈んだりしたのかな?
 
いろんな話をして、みんなの頭に少しずつ科学の芽が生えてきましたね♪
 
Great work, Sprouts!

ことばのちから~乳児期に言語力を育てることの大切さ~

2019-07-22
お天気がなかなかスッキリしない毎日が続いていますね。
さんさんと輝く太陽、暑い夏のにおいを待ちわびる日々のなかでも、子ども達は毎日学びを深め、様々な経験を積んでいます♪
 
さてここで疑問。
学ぶのは、子どもたちだけ??
いえいえ、そんなことはありません!
 
先生も、もちろん日々勉強しています!
当園では、職員の講習会、研修会を多く開催し、保育技術等の向上に努めています。
 
当園の顧問の先生である、名古屋学芸大学の大島光代先生による職員講習会が先日ありましたので、今日はその内容をお伝えしますえんぴつ
 
小学校の教員から、聴覚障害児教育を経て、大学教員をされている先生の経験談をもとに、乳幼児期に言語力を育てることがいかに大切かを教えていただきました。
 
第二言語習得だけではない、言葉の力のお話です。
 
ことばをまだ話さない新生児でさえ、人の会話と、ただの音声が聞き分けられ、授乳時は特に、口の筋肉と脳が最高に活性化してい、母親の声掛けにより、その言葉の感性が一生深く微細に脳裏に書き込まれるそうです。
 
こうして、乳幼児の脳は、関わられることで発達していくということを改めて教えていただきました。
 
プリスクールでは、英語を日々学んでいますが、私達の母語である日本語は、様々なことばの表現があります。
 
先生がお話してくれた、ある親子の会話の一例をご紹介します。
 
子:「ママ、あそこに木がたくさんあるよ。」
母:「木がたくさんあるところは、森だね。でもあれは竹だね。竹が沢山あるところは竹林っていうんだよ。」
子:「竹に葉っぱがたくさんついているね」
母:「竹についた葉っぱは、笹の葉っていうんだよ。笹の葉が風でゆれると、サラサラと音がするんだよ」
 
竹、木、葉っぱ、笹の葉、森、竹林…。
この短い会話の中でも、いろいろな種類の植物に関する言葉がでてきます。
日本語ってとても表現豊かですよね。
だからこそ、私達大人は、沢山の言葉を子どもたちに教えていかなくてはいけません。
 
母語の獲得におけるおはなしだと思われる方もいらっしゃると思いますが、それだけでは実はありません。
言語力を育むことは、母語にも第二言語獲得にも通じます。
 
5時間英語に浸っているプリスクールの子どもたちも、言葉の敏感期である今の時期を逃さず、おうちでは是非、日本語で家族の方と感情のこもった会話のやり取りや、絵本の読み聞かせを沢山していただけたら、と思います。
 
 
 
 
第二言語の習得だけでなく、母語も大切にする。
 
ことばの力を育て、豊かな表現力を身につけさせる。
 
 
 
よりグローバルな社会になるこれからの未来を生き抜く子どもたちにとって、単に英語が話せるようになる、というのではなく、基盤となる豊かな言葉のちからを育んでいってあげたいと思う、とても有意義な講習会になりました。
 
講習会で学んだ知識を生かし、より良いスクールになるよう、スタッフ一丸となってさらに頑張っていきます!

当園にご興味のある保護者様は、以下の電話番号やメールフォームから、ぜひ見学・オープンスクールへお気軽にお申込みください。
 
TEL.052-623-6780
受付時間:10:00~17:00(平日のみ)
株式会社あんじゅ
SukuSuku English Preschool 浦里
〒458-0847
愛知県名古屋市緑区浦里
5丁目252番地
TEL.052-623-6780
FAX.052-623-7789

TOPへ戻る